多発性嚢胞腎

多発性嚢胞腎とは、嚢胞(のうほう)という液体の塊が腎臓に出来て元々の腎組織が圧排される病気で難病に指定されています。
腎臓だけではなく、肝臓、膵臓、脾臓にも認めて、脳動脈瘤、心弁膜閉鎖不全、大腸憩室、尿路結石などの合併症を伴う事もある。日本人では約5000人に1人がなる最も多い遺伝性腎疾患。

多発性嚢胞腎の罹患者は、年齢と共に徐々に腎機能が悪くなり、60-70歳頃に約半数が腎不全に至ると言われて、日本で透析になる人の2-3%を占める。

症状は、大半が30~40歳まで無症状で、健康診断や人間ドックで超音波検査をやった時に偶発的に認める事が多い。
症状として出現する時は、腹部膨満感、腹痛、腰痛、血尿、尿路感染症などが見られる。
また高血圧や脳動脈瘤による出血などで見つかる事もある。

検査の内容としては超音波、CT、MRIなどで嚢胞の大きさ、数を確認する。
診断としては、家族に同様の病気の人がいるかいないかで異なる。
家族内に多発性嚢胞腎患者がいる場合の検査内容は下記。

・エコーで両腎に3個以上の嚢胞がある。
・CT、MRIで両腎に5個以上の嚢胞がある。

家族内に多発性嚢胞腎患者がいない場合の検査内容は下記。

・15歳以下→CT、MRIで両腎に3個以上の嚢胞がある。
・15歳以上→CT、MRIで両腎に5個以上の嚢胞がある。

(多発性単純性腎嚢胞、尿細管性アシドーシス、多房性嚢胞、髄質嚢胞性疾患などを除外する必要あり。)
また、脳動脈瘤は合併症として重篤であり、数年に1度スクリーニングとしてCT・MRIでチェックする。
その他合併症に対して、心電図、胸部レントゲンなどを行う。

カナバン病

カナバン病(CD)は、アスパルトアシラーゼ遺伝子(ASPA)の変異を伴う常染色体劣性遺伝性の神経変性疾患で、早期発症、水頭症、巨大脳、精神遅滞、進行性の白質ジストロフィーを伴う海綿状ミエリン鞘空胞化を特徴とする。

この疾患はアスパルトアシラーゼの欠陥により、脳にNアセチルアスパラギン酸(NAA)が蓄積することによって引き起こされ、NAA濃度が増加すると脳の膨張や海綿状化が起こる難病。

アシュケナージ系ユダヤ人患者の98%がASPAに共通の2つの変異(E285AとY231X)を持つ。
ユダヤ人以外の患者のASPA遺伝子変異は、それとは違い多様である。

原因として考えられているのは、病因遺伝子は17番染色体短腕に存在し常染色体劣性遺伝形式をとり、近年、NAAの機能や遺伝子変異など本疾患に対する理解が深まりつつある。Ashkenazi Jewsに多く発症するが、日本では非常に稀な疾患である。発生に人種差があり、日本人に極めて稀であることは推測されるが、これまで実態調査がなされた ことはなく原因不明のままフォローされている症例の存在があると考えられる。

症状の多くは乳児早期に精神運動発達遅滞、大頭、筋緊張低下、痙性、運動失調が出現する。
その後、けいれんや視神経萎縮など認め、退行していく疾患である。

そのほか、新生児期に低緊張と経口摂取不良を認める先天型と4-5歳で発症し緩徐に構音障害やけいれんが進行する若年型の報告例も見られる。

ミネラルウォーターシステム【在庫切れ】のお知らせ

平素は、島西神水及び関連商品にごひいきを賜りありがとうございます。

お客様には、ご迷惑をお掛けし申し訳ございません。

2018年11月05日 現在、ミネラルウォーターシステムは 「在庫切れ」 で販売しておりません。

セラミックフィルター(活性炭無)、セラミックフィルター(活性炭入) はご注文いただけます。

入荷しだいご連絡いたします。

「ミネラルウォータシステム(濾過器)」新商品への切り替えのご案内

さて、これまで長きに亘りご愛顧賜りました「ミネラルウォーターシステム(濾過器)」ですが、製造元である韓国業者からの供給が滞り入手できない状況になった為、新商品に切り替えることに致しました。

従来品との違いとして、上容器が6Lとなり、蛇口が異なる仕様となっております。

なお、従来の「濾過器」は、在庫が無くなりましたので販売終了とさせて頂きますが、交換部品のセラミックフィルター(活性炭入・活性炭無)、及び蛇口は引き続き販売致します。

韓国現地の事情とは言え、お客様には多大なご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

濾過器

自然療法クアオルトの保養地が活発化

ひまわり生命が全社員にクアオルト体験を提供する「健康応援企業」を目指した取り組み実施 したと報道されました。
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険は、全社員3200名を対象にした健康応援施策「クアオルト(Kurort)」を実施しました。
その取り組み内容は自然の中でウォーキングや食事を楽しみ、また地元民と交流することで心身の健康を増進させる取り組みです。
将来的には様々な自治体と提携して、顧客や法人の取引先などにも提供していきたいという計画です。

では、自然療法クアオルトの生まれた流れを見てみましょう。
ドイツでは、クアオルトのような医療保険が適用になる自然療法やホメオパシー医学、そして現代医学などが選択できる統合医療になっています。
クアオルトでは、医療保険が適用される場所で、専門医や医療機関のほか、様々な施設が稼働しています。
ということは、ハードソフトともに、質の高いものがあり、クアオルトを日本で実現するためには建設経費や運営経費も膨大なものになります。また、日本の温泉を取り巻く環境もドイツとは異なり、日本では医療保険の適用は受けられません。
クアオルトが理想的だとしても、ドイツの仕組みそのままでは、日本の風土や文化、国民性に馴染まない部分が沢山あるということです。

ドイツの仕組みそのままでは日本に馴染まないとしても、日本の自然環境は、海や山が近く、川や温泉もたくさんあり、クアオルトの視点から検討すれば、世界でも大変恵まれた資源を持つ国です。
この自然資源をどのように生かして、国民が健康になることが出来るかという視点は、健康長寿のためには極めて大切なものです。

いくら自然資源に恵まれても、健康づくりが十分推進されたとは言えません。
大切なことは、健康づくりを進めるための社会環境をどう整備するかという課題に応えることです。
個人で健康づくりに取り組むだけではなく、たくさんの仲間とともに、楽しく無理なく安心して取り組むためには、地域上げての健康づくりを目指す日本型のクアオルトが有効です。

ドイツを基本としながら、日本の風土や文化、国民性に合わせた、健康づくりのプログラムや仕組みを提供し、自治体をあげて健康づくりに取り組むことで、地域住民の健康が向上し国民健康保険や介護保険を担う自治体の経営にも効果が出てきます。
日本型のクアオルトは、行政内部の様々な部署が連携して取り組む必要がありますが、まだまだ日本型のクアオルトの研究は進んでいません。そのために、様々な専門分野の研究を進める必要があります。

医療の分野、運動の分野、メンタルヘルスの分野、介護や福祉の分野、環境の分野、景観の分野、公共政策の分野、地域産業の連携の分野など、様々な分野の専門家が関わり、「日本型クアオルトの概念規定」というものを明確にする必要があります。
このような日本型クアオルトは、50年近く前から、観光地として有名な九州の由布院温泉のある由布市で取り組まれてきました。
このクアオルトのまちづくりが人々に評価されて、たくさんの観光客が訪れています。

そのほか、山形県上山市、和歌山県田辺市、新潟県妙高市、石川県珠洲市、島根県大田市、秋田県三種町、群馬県みなかみ町、 さらに2017年には兵庫県多可町が加わり、全国6市3町が日本クアオルト協議会を結成し、現在日本型のクアオルトを目指して、各自治体が取り組みを開始しているところです。

一般社団法人 健康保養地医学研究機構